預入の手数料は、油断しているとかなりの額になってしまいます。とくに自分の銀行以外のATMや、たまたまみつけたコンビニATMが提携銀行ではない場合は注意が必要です。便利さもありますが、気を付けたいところです。

銀行の窓口では口座の開設や大口の現金取引など、様々なサービスの受付を行っています。 口座開設や200万円以上の現金や小切手の受払いをするとき、10万円以上の現金による振り込みを行う場合などでは、本人確認書類が必要になります。 窓口においてこれらの依頼をする場合には、運転免許証や健康保険証、年金手帳、パスポートなどの本人確認書類をあらかじめ用意しておくことをおすすめします。 印鑑の中には届け出印として使用できないものもありますので、注意して用意するようにしましょう。