円定期は資金に余裕のあるときであれば、いつ申し込んでも構いません。 しかし銀行によってはボーナスの時期に金利優遇キャンペーンを行うことがあるため、それを狙って待つのも一つの方法です。 通常よりも金利が良くなるので、大きな利回りが期待できるからです。

円定期と普通預金を比較してみると、定期の方は通常の預け入れに比べて金利が高くなっているものの、一定期間払い出すことができないという不便さがあります。そのため、基本的には普通口座のほうに普段使う現金を預けておきますが、今では一週間や二週間といった短期間の定期もありますし、長期的な定期でも、利息が普通口座と同じ程度でよければいつでも解約できますので、それほど心配は要りません。当面使う予定がなければ、定期もおすすめです。